減価償却・研究開発費・調整1株益

企業の経営が効率よく出来ているかどうかを知るのに重要な【指標等】の部分ですが、今回は減価償却と研究開発費についての説明です。
また、少し前後しましたが最後に【調整1株益】と【最高純益】の解説も行っています。

指標等

画像は7201日産自動車のデータです。

減価償却とは、たとえば日産自動車の場合、ある工場の建設に10億円の費用が必要であるとします。その際、工場の耐久年数が10年であるならば毎年1億円ずつに支出費用を配分して計上することができるというものです。

四季報における減価償却費は設備投資の項で説明したように、有形固定資産と無形固定資産の年間償却費用の額を表し、「予」は来期の予定額を表します。

数字の単位は「億」表示があれば億円となり、特になにも記述されていない場合は百万円が数値の単位となっています。
例で言うと日産自動車は今期4,289億円、来期4200億円を減価償却費として計上する予定であることがわかります。

研究開発費とは

研究開発費は、有価証券報告書の数字を元に記載されています。 自動車会社であれば当然新商品の開発に費用がかかりますし、医薬品業の企業は新薬の開発や実験にお金がかかりますよね。

それらにかかる原材料費や設備の購入費、人件費や諸経費などをまとめて研究開発費として示しています。
数字の見方や単位などは減価償却費と同様です。

調整1株益と最高純益

最後になりましたが、調整一株益と最高純益の解説に移りたいと思います。

企業の中には新株予約権や優先株式を発行している会社もあります。
未行使の新株予約権などは将来普通株式へと転換される可能性があります。
それらのことを潜在株式といい、調整1株益とはそれら潜在株式を含めた上での一株当たり利益を表しています。
企業の業績と共に比べてみると良いでしょう。

最高純益は、過去最高の純利益と、その利益を出した年月が記されています。


※会社四季報のデータは08年12月15日に更新されたものを使用しています。

四季報Webトップ四季報の基本情報 > 研究開発費と調整1株益

GMOクリック証券
SBI証券

メニュー

サイト内検索

人気の記事

無料で会社四季報DATAが読める評判の証券会社
SBI証券

株分析に用いられる時価総額は会社価値を測る指標
時価総額

有利子負債は企業の借金、ソフトバンクやトヨタを例に解説
有利子負債

関連リンク

良い評判、悪い評判の両方を集めた口コミ形式のFX比較サイト。本当に評価の高い業者がわかります。
FX比較 口コミが語るホントの話

都市銀行とネット銀行の比較サイト。投稿型の口コミ機能あり。預金金利やATM手数料、各種ネット銀行の特徴など。

会社四季報サイトのバナー