連結事業ってなんですか

会社四季報の項目で【連結事業】という項目がありますが、ここはとても重要な部分です。連結事業の読み方を四季報で理解すれば企業の全貌が見えてくる日も近いでしょう。

前頁で説明した四季報の読み方の基礎的部分、証券コードと決算の説明に引き続きトヨタ自動車を例にして解説しますが、自動車会社だからといって車だけ売ってるのではありません。

トヨタ自動車の連結事業

四季報の読み方 連結事業

【連結事業】の欄は四季報の中でも大切な部分です。

連結事業は子会社を含んだグループ全体で、どんな種類の仕事をしているかを表しています。

証券コード7203のトヨタ自動車を例に例えると、グループ全体で自動車事業が92%を占めていることがわかります。

連結事業の項目を見てみると、トヨタは自動車以外に金融事業もやっているのだとわかります。詳細は残念ながら会社四季報には載っていませんが、例えばトヨタFS証券などが金融事業にあたるのでしょう。

四季報には別途【連結】という項目もありますが、こちらは事業ではなく連結子会社を表しています。

「自動車92」の数字の後に(9)という数字が記載されていますが、これは売上高営業利益率を表しており、その事業がどれくらい儲かっているのか損しているのかを表している数値となります。
売上高営業利益率については後述します。

【海外】
会社四季報の【海外】の項目は、企業がどれくらいグローバルな企業であるか、世界を相手に商売をしているのかを測る目安になっています。
具体的には、海外に輸出した分の売上と海外の子会社の売上等から算出される数字を、パーセンテージで表したものです。
<08・3>は2008年3月の時点でのデータですよ。という意味です。

売上高営業利益率とは

先ほど出てきた売上高営業利益率について解説します。

会社四季報の連結事業部分を読む時には、単純にその業務がどれくらい儲かってるのか損失を出しているのかを測る指数として見ておけば大丈夫です。

売上高営業利益率とは、事業において売上に対してどの程度の利益や損失が出ているかを表すための指数で、計算式は営業利益を売上高で割り、100を掛けて百分率化したものとなります。

計算式
売上高営業利益率=営業利益÷売上高×100


次は四季報記者さんの見出しについての解説です。

※会社四季報のデータは08年12月15日に更新されたものを使用しています。


四季報Webトップ四季報の基本情報 > 連結事業ってなんですか

GMOクリック証券
SBI証券

メニュー

サイト内検索

人気の記事

無料で会社四季報DATAが読める評判の証券会社
SBI証券

株分析に用いられる時価総額は会社価値を測る指標
時価総額

有利子負債は企業の借金、ソフトバンクやトヨタを例に解説
有利子負債

関連リンク

良い評判、悪い評判の両方を集めた口コミ形式のFX比較サイト。本当に評価の高い業者がわかります。
FX比較 口コミが語るホントの話

都市銀行とネット銀行の比較サイト。投稿型の口コミ機能あり。預金金利やATM手数料、各種ネット銀行の特徴など。

会社四季報サイトのバナー