SBI証券の評判など

SBI証券国内No.1の最大手ネット証券で評判です。
手数料の安さやサービスの良さ、そして取り扱っている商品も豊富で、これから株式口座の開設を行おうと考えている人は、SBI証券を選択しておけば間違いないと言っても良いでしょう^^

米国株を始めとした外国株式の他にも、投資信託や債券、そして評判のFX(為替)もあります。もちろん先物やオプション取引も取り扱っています、詳しくはSBI証券の公式を覗いてみると良いです。

SBI証券は、旧名はSBIイー・トレード証券と呼ばれていました。
口座開設者数は280万人(2013/12/31現在)を越える程評判で、ネット証券では最大となっています。手数料も業界最低水準の安さが魅力ですね。

SBI証券

定額プランの国内株式現物取引の手数料
◎一日の約定代金の合計金額によって手数料が変わるコースです
◎取引しない日は手数料は発生しません

10万円まで -  96円
20万円まで -  191円
30万円まで -  286円
50万円まで -  429円
100万円まで - 762円
※以降は100万円増えるごとに400円追加。
上記価格は税抜です。

口座開設や維持にかかる手数料は一切かかりません(・∀・ )っ/

SBI証券で読む会社四季報

SBI証券が評判良いのは納得できそうです、なぜなら口座開設すれば無料で会社四季報を読むことができるからです、これはとっても嬉しいサービスですねっ。

PCの大画面で最新の四季報情報が読めると言うのも大手ネット証券ならではの強みです。
Webで閲覧する場合は、SBI証券にログインして個別銘柄の株価情報にアクセスして「四季報」というタブをクリックすることで見れます。

会社四季報が無料で読めるのはSBI証券への口座開設者限定です。
と言っても口座を開設するのは無料なので実質完全にタダなのですが・・・

また、デイトレード向けのリアルタイム株価配信ツール「HYPER SBI」でも会社四季報のデータを読むことができますよ(・∀・)
評判のHYPER SBIは使用条件を満たすことで無料で使用することができます。

SBI PTSとその他サービス

PTSも徐々に評判となって来たようで、サラリーマンにとってはもうなくてはならない存在になって来たのかもしれないですが・・・

東証が閉まっている晩(19:00から23:59)でも株の売買が出来てしまう評判のサービス、つまり株式の夜間取引ができる証券会社がSBI PTSなのです。
買ったり売ったりし忘れた銘柄の取引はもちろん、アメリカ市場の動きを見ながら売買できるんですから、これはとっても便利です。

SBI証券評判のPTSは時間拡大され、夜間取引だけにとどまらず、ついに昼間の時間帯にも株取引が可能になりました。
東京証券取引所が始まる前、そして終わった後にでも株の売買ができます。

それからもちろん、楽天証券をはじめとした大手ネット証券ではほぼ当たり前となって来た逆指値注文も取り扱っていますし、新規上場株式(IPO)の公募にも参加できます。
ネット大手であるSBI証券、IPOの割り当て枚数は多めですし、チャレンジポイント制度を導入していて、何度も応募してポイントを貯めて行けば必ずIPOに当選するサービスも実地しています。

四季報を読みたいだけであればSBI証券なら完全無料なのでオススメです。
口座開設前にじっくり検討したい場合は、資料請求も行うことができます。

四季報Webトップ四季報が見れる証券会社 > SBI証券

GMOクリック証券
SBI証券

メニュー

サイト内検索

人気の記事

無料で会社四季報DATAが読める評判の証券会社
SBI証券

株分析に用いられる時価総額は会社価値を測る指標
時価総額

有利子負債は企業の借金、ソフトバンクやトヨタを例に解説
有利子負債

関連リンク

良い評判、悪い評判の両方を集めた口コミ形式のFX比較サイト。本当に評価の高い業者がわかります。
FX比較 口コミが語るホントの話

都市銀行とネット銀行の比較サイト。投稿型の口コミ機能あり。預金金利やATM手数料、各種ネット銀行の特徴など。

会社四季報サイトのバナー